フィリピン留学を考えているなら

フィリピン留学を迷っているなら、まずはメリットについて考えてみましょう。


まずは英語が公用語であるということ、イコール英語を話す人が多いということです。



それゆえ、アメリカなどの企業ではコールセンターをフィリピンに置く会社が多くなっています。

そして、とても大事なメリットとして費用が安いことがあげられます。日本人留学生が多いアメリカと比較してみると、学費と寮費だけで約3〜4割ほどフィリピンのほうが安くなっています。


これにプラスをして、生活費などを含めると物価の安いフィリピンのほうがさらに安くなります。

費用が安いだけでなく、人気の秘密は授業の内容も非常に濃いものになっています。


欧米留学と比べて約2倍の授業時間が設けられており、そのうちの半分程度がマンツーマン授業となっているところが多いです。


107もの島々からなる国で、大都市マニラもあれば、リゾート雰囲気あふれるセブ島など、バラエティ豊かな楽しみ方ができる場所です。日本との時差はわずか1時間のみで、飛行機で4時間半の距離に位置し、日本のほとんどの主要都市から直行便がでています。


フィリピン留学に際して、英語のなまりの心配をされている方もいらっしゃいますが、学校の中ではなまりの強い先生はいませんので、心配はないでしょう。



また留学生の比率についてですが、日本人はそう多くはないです。

大阪でも可能なレーザー脱毛の情報をご紹介いたします。

韓国人の比率が多いですがマンツーマンの授業が多いですので国籍バランスをそこまで重要視することはないでしょう。


みんなの常識

フィリピンの公用語は英語で、人口の90%以上が英語を話せるといわれています。英語を話す人口はアメリカ、イギリスに次いで3番目に多い国です。...

more

留学の常識

通常、留学と聞くと、一番にアメリカ合衆国と相場が決まっていました。しかしながら、アメリカの凋落が続く中にあって、その事情は若干ずつ変化してきているようにも見えます。...

more

留学の事柄

留学とは「お金がかかり手軽なものではい」というイメージが強いと思います。「もっと手軽に留学としたい」という人にうってつけの場所こそ、フィリピンなのです。...

more

留学を知るべき!

英語を話せるようになりたいと思っていても、日本国内だけでそれができるようになるのは、稀です。日本では義務教育の中で英語を学ぶ機会はとても多いのですが、文法中心の時代が長くて、英会話を学ぶ時間も少ないです。...

more